ヒルナンデス【レシピ】中華のプロが教える『3分チャーハン』10月19日放送

スポンサーリンク

 

こんにちは、主婦いしだです。

 

10月19日のヒルナンデスの放送で、達人が教える『家庭で出来る時短チャーハン』が紹介されていました。

 

ごはんはパラパラ!卵はふわふわ!そんなチャーハンが家庭で作れるの?!

 

プロ直伝『3分チャーハン』の材料とレシピ、プロが作るチャーハンの極意をまとめました。

 

スポンサーリンク

中華の達人!孫関義さんが教える家庭でできる3分チャーハン

 

横浜中華街にある上海料理の老舗『四五六菜館』のオーナーシェフ、孫関義さんが教えてくれました。孫関義さんは中華鍋と火を操る中華の達人だそうです。

 

『3分チャーハン』に使う材料

 

  • ごはん
  • 具材(エビ・鶏肉・チャーシューなど)
  • ネギ
  • 油(ご飯に混ぜる用と鍋で炒める用)
  • 紹興酒
  • 塩コショウ
  • 醤油

 

事前にやっておくこと

 

ご飯に油を混ぜておきます。油をお米にコーティングしていくイメージでなじませましょう!この作業がチャーハンを早く作るためのポイントになるそうです。

 

プロが教える!『3分チャーハン』レシピ

 

  1. 熱したフライパンに油小さじ2を投入。(4~5人前を目安)
  2. 油が温まったらを投入!卵はごはんより多めにするのがコツ!
  3. 卵を数回かき混ぜたら半熟の状態で一旦火を止める(フライパンを火から離してもOK!)
  4. 油でコーティングしたご飯を投入!再び火をつけてよ~く炒めます。
  5. エビなどの具材を投入してさらに炒めます。(具材は火を通しましょう。)
  6. 塩コショウ(少々)で味付け。醤油(適量)を鍋肌に入れて炒め合わせる。
  7. 紹興酒があれば少し入れて炒めます。紹興酒が油を飛ばしてチャーハンがベチャッとするのを防いでくれるそうです。
  8. 最後にネギを入れたら少し炒め合わせて完成!

 

 

さいごに

 

パラパラのチャーハンを早く作る為に大事なのはご飯に油を混ぜておくことでした。

 

卵を投入した後の具材を入れるタイミングは、「混ざったな」と思ったら。ご飯は固めがベストだそうですよ。紹興酒があると、家庭で作る上海料理や中華料理がプロの味にグッと近づきそうですね!

 

タイムを計りながら孫関義さんにチャーハンを作ってもらうと、56秒という速さでチャーハンが完成していました。若い頃は30秒で作っていたそうで、本人は少し不服そうでしたね。

 

チャーハン作りの極意が学べました。おいしいチャーハンを作って家族や友人に「うまい!」と言わせてやりましょう(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。では、またお会いしましょう。